千趣会法人事業部公式ブログ しごと人DAYS

「通販」「女性」「ビジネス」といったキーワードを軸にし、最新ニュースやコラムを発信していきます。

「通販」「女性」「ビジネス」といったキーワードを軸にし、最新ニュースやコラムを発信していきます。

荷物を運ぶのはトラックだけじゃない!?

こんにちは!千趣会法人事業部の矢田です。

 

今回は佐川急便で取り組みがスタートした、旅客と荷物の「かけもち」による

物流緩和策に関するニュースの紹介です。

 

佐川急便、乗用タクシー活用の宅配事業を京都で開始

【佐川急便】乗用タクシーを活用した貨客混...|ニュースリリース|佐川急便株式会社<SGホールディングスグループ>

 

佐川急便は昨年にも北海道旭川市のタクシー会社と連携し、乗合タクシーで荷物を運ぶ「貨客混載」の事業を実施しています。

今回は京都のタクシー会社である山城ヤサカ交通様と連携し、京都府の一部地域の宅配業務をタクシードライバーさんに担っていただき、過疎地域での物流維持を目指すとのことです。

 

空き時間に集配業務を代行することで「貨客混載」を実現するこのような取り組みは

今後も増えていくのでは、と個人的に考えています。

ただし、今回も一部地域のみでのスタートとしているように、広範囲や都市部で同様のサービスを実現するには、色々とハードルが高そうです。

 

 

たとえば都市部で考えると、

・タクシー業の時間帯がそもそも長い(荷物を運んでいる時間の余裕がない)

→時間指定に間に合わない、積んだ荷物を運びきれない、など配送が滞る可能性あり。

・乗用車のため、荷物がたくさん積めない

→配送キャパが拡大していかない

・宅配しても不在だった時の手間がかかる

→積み降ろし時間が無駄となり、タクシー業に影響が出てしまう

 

など、クリアしないといけない問題は多くありそうです(お金の部分ももちろん)

 

ただ、実現すれば新たな物流網が確立し、特にラストワンマイル問題の解消の一手となりうる策だと考えています!

※ラストワンマイル:配送の最終拠点(事業所など)から購入者に商品を届ける最後の区間のこと。


そこで、どうすれば実現できるだろうか?と個人的に考えてみました。

(あくまで個人的な意見ですので、ご理解ください。)

 

・タクシー業の時間帯がそもそも長い(荷物を運んでいる時間の余裕がない)

→時間指定に間に合わない、積んだ荷物を運びきれない、など配送が滞る可能性あり。

 

⇒「時間指定なし」の荷物だけを配送対象とする(時間制約が少ない)

 

・乗用車のため、荷物がたくさん積めない

→配送キャパが拡大していかない

・宅配しても不在だった時の手間がかかる

→積み降ろし時間が無駄となり、タクシー業に影響が出てしまう

 

⇒「ポストイン」の荷物だけ対応する(小型荷物のみとし、キャパを増やす)

⇒「宅配ボックス受け」の荷物だけ対応する(不在リスクをなくし、配送率100%)

 

 かなり制約はありますが、特定の荷物だけを取り扱うようにすることで、実現する可能性は近づいてくると考えます。

 

 

これからEC物流に関する様々な取り組みが出てくると思います。

ドローン配達や地上配送ロボなど、配送に関する様々なソリューションも出てきてお

り、 このあたりのニュースは弊社でもしっかりウォッチしていきたいと思います!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【参加受付中!】

千趣会法人事業部が提供する「フルフィルメントサービス」をより皆様に知っていただく説明会を開催します!

現在11月、12月開催分を募集しております。

弊社サービスにご興味ある方は是非ご参加ください!

 

<11月開催分>

www.senshukai.co.jp

<12月開催分>

www.senshukai.co.jp

 

千趣会ではフルフィルメントの受託はもちろん、通販事業者とアウトソーサーの両方の知見から、運用を強化するノウハウがあります!

ぜひお気軽にお問合せや相談会をご利用ください!

千趣会BtoB WEBサイト:

通販・フルフィルメントのトータルサポート|千趣会 通販ソリューション

お問合せ:

(株)千趣会 法人向けサービス(フルフィルメントサービス)に関するお問合せ

相談会のお申込み:

通販・販促毎日相談会|千趣会 通販ソリューション

 

再配達を減らす最新の取り組みとは?

こんにちは!千趣会法人事業部の矢田です。

 

今回は再配達に関連するお話です。

再配達の割合は15%と非常に高い数字となっています。

再配達を少しでも減らすよう、各運送会社様が様々な取り組みを実施しておりますので、いくつかご紹介させていただきます。 

 

ヤマト運輸は、10月より会員制サービスの「クロネコメンバーズ」以外のユーザーでも、LINEで宅急便のお届けを事前にお知らせするメッセージを受け取ることができる、と発表しました。 

LINE「通知メッセージ」の活用で、宅急便の受け取りがますます便利に | ヤマトホールディングス

また、LINEだけでなく、Yahoo!アプリでも通知受取可能となりました。

ヤマト運輸とYahoo! JAPANが連携し、Yahoo! JAPANアプリ等で荷物のお届けを事前にお知らせ | ヤマトホールディングス

 

LINEでのサービスは私も個人的に利用しており、非常に便利だと感じています。

日時指定の変更や再配達依頼などすべてメッセージでやり取りができるので、不在表を見て電話するという作業をしなくなりました。

今回からクロネコメンバーズの登録不要で対応できるため、より一層利用ユーザーが増えそうです。

 

ちなみに日本郵便では「ゆうびんID」を登録することで、ヤマト同様、LINEで事前通知や再配達依頼が可能です。

(転居届を出したり、オリジナルの切手を作成することも可能と今回初めて知りました・・・!)

LINEで郵便局 | ゆうびん.jp

 また、LINEではないですが、メールで事前通知を始めるとも発表しています。

ゆうパックのサービス改善及びゆうメール基本運賃等の改定|日本郵政グループ

 

佐川急便は「WEBトータルサポート」にて、ユーザー登録することでメールにて通知を受け取ることができます。

 

 

再配達を減らすことは、各運送会社のドライバーさんの負担を減らすことはもちろん、

通販事業者にとってもメリットがあります。

 

・「配送」に関するトラブルが減る(時間指定どおりに届かなかった、など)

⇒お客様からの問い合わせが減る

 

・保管期限をすぎてしまい出荷倉庫に荷物が戻ってくる「持戻り」が減る

⇒持戻りに関する作業が減る(荷解き、返品処理、在庫再計上、など)

 

 少しでも作業を減らすことが出来れば、その分を他の業務に費やすことができます。

 

以前のブログでもお伝えしましたが、

運送会社と通販事業者がパートナーとして、互いにサポートしあうことが

円滑な業務に繋がるので、再配達削減に向けた取り組みも一体となって考えていく

必要があると考えます!

 

 

千趣会ではフルフィルメントの受託はもちろん、通販事業者とアウトソーサーの両方の知見から、運用を強化するノウハウがあります!

ぜひお気軽にお問合せや相談会をご利用ください!

千趣会BtoB WEBサイト:

通販・フルフィルメントのトータルサポート|千趣会 通販ソリューション

お問合せ:

(株)千趣会 法人向けサービス(フルフィルメントサービス)に関するお問合せ

相談会のお申込み:

通販・販促毎日相談会|千趣会 通販ソリューション

100坪、どんな広さかイメージできますか?

 こんにちは!千趣会法人事業部の浜田です。

 

本日は「坪」をテーマにしたいと思います。

物流に携わっていると、「○坪使いたいんだけど」や「何坪必要になりますか?」など、スペースを「坪」という単位でお話することがあります。

正直なところ、すごく伝わりにくいです。普段「坪」なんて単位使いませんからね。

実際は「1坪 ≒ 3.3㎡」ですが、特に物流にあまり携わらない方からすると、製品は送るから適正な「坪」で保管や作業をしてね、ぐらいの認識ということもあると思います。

それでも物流費用の中で固定費となってしまうスペース料は、可能な限り節約したいものです。

そこでスペースをイメージしやすいように、いろいろな「坪」をイメージしやすいものに置き換えてみました!

1坪(3.3㎡程) = 畳2畳分(3.2㎡程)

10坪(33㎡程) = 平均的な1DKの部屋(30㎡程)

50坪(165㎡程) = バレーボールコート1個分(162㎡程)

100坪(330㎡程) = バレーボールコート2個分(324㎡程)

 

あくまで参考としてイメージを掴む為ですが、はじめて倉庫を利用する場合など、少しでも役に立てば幸いです。

 ちなみに広さの例でよく出てくる東京ドームは「14217.5坪」だそうです。

 

千趣会ではフルフィルメントの受託はもちろん、通販事業者とアウトソーサーの両方の知見から、運用を強化するノウハウがあります!

ぜひお気軽にお問合せや相談会をご利用ください!

千趣会ではフルフィルメントの受託はもちろん、通販事業者とアウトソーサーの両方の知見から、運用を強化するノウハウがあります!

ぜひお気軽にお問合せや相談会をご利用ください!

千趣会BtoB WEBサイト:

通販・フルフィルメントのトータルサポート|千趣会 通販ソリューション

お問合せ:

(株)千趣会 法人向けサービス(フルフィルメントサービス)に関するお問合せ

相談会のお申込み:

通販・販促毎日相談会|千趣会 通販ソリューション

たかが資材、されど資材(資材の見直しについて)

こんにちは!千趣会法人事業部の矢田です。

 

先日『ネット担当者フォーラム』さんの記事で段ボール原紙の値上げの記事を拝見しました。

段ボール原紙が値上げへ、通販・ECの配送コストへの影響は? | ネットショップ担当者フォーラム

 

一昨年からの物流運賃の見直しも含めると、通販事業者にとっては非常につらい話であることは間違いありません(我々もそうです)

 

「たかが資材、されど資材」 

 

月間1,000件出荷する事業者様で、資材コストが10円アップすれば

10,000円×12ヶ月=年間120,000円 のコストアップとなります。

 

こういった値上げが発生するタイミングは、今までの資材を見直すいい機会だと私は考えます。

ただし、その際に「通販運営のコスト全体を把握した上で、資材を見直すべきなのか」を検討する必要があると思っています。

 

たとえば、資材高騰の対応として、お届け用の段ボールを従来より安価なものに変更したとします。

 

資材費用は今までより抑えられ、一見するとコスト削減したように見えますが、配送時のトラブル(外箱潰れ・商品破損など)が従来よりも増えてしまい、結果的に以下のような事象が発生することが考えられます。

 

①返品作業が増え、それに関わる倉庫での作業費が増えてしまった。

②返品・クレームの連絡が増え、それに関わるコールセンターでの対応費が増えてしまった。

③お客様からのクレームも増えてしまい、ブランドのロイヤリティも下がってしまった。

 

特に顧客対応をアウトソーシングしている事業者様は、1件の対応にいくらかかっているのかを知っておかないと、

資材変更によるコストダウン>①の対応費用  となったとしても

①+②の対応費用>資材変更によるコストダウン となっている場合があります。

そうなると結果的にコストアップを引き起こしており、本末転倒となってしまいます。

 

また、③は売上低下につながってしまうことは言うまでもありません。

 

 

今回ご紹介した例のように、少しの資材見直しで、大きな痛手となることもあるので、

資材見直しの際には、それに関わる作業費用にも影響が出る可能性があることを知っ

ておいたほうが良いと考えます!

 

 

千趣会ではフルフィルメントの受託はもちろん、通販事業者とアウトソーサーの両方の知見から、運用を強化するノウハウがあります!

ぜひお気軽にお問合せや相談会をご利用ください!

千趣会BtoB WEBサイト:

通販・フルフィルメントのトータルサポート|千趣会 通販ソリューション

お問合せ:

(株)千趣会 法人向けサービス(フルフィルメントサービス)に関するお問合せ

相談会のお申込み:

通販・販促毎日相談会|千趣会 通販ソリューション

 

運送会社と通販事業者の関係(続編)

こんにちは!千趣会法人事業部の浜田です。

 

以前配信した「運送会社と通販事業者の関係」に対し、

多くの方にご覧いただけたようで、ありがとうございました!

やはり近年の物流では運送会社関連の注目が高いことを改めて感じました。

 

ご好評につき今回はその続編です。

前回は、運送会社も通販事業の中のパートナーとして考え、情報共有しましょう、という内容でした。

senshukai-btob.hatenablog.com

今回は実際の運用面でのお話です。

みなさんこんな経験はありませんか?

  • 梱包作業に時間がかかり集荷時間を遅らせてもらった
  • キャンセルしたい荷物を探すのを手伝ってもらった など

通販事業者側では、あくまでお客様のために、運送会社さんの「融通」が欲しい場面がいくつかあります。

逆に運送会社さんに聞いたお話ですと、運送会社さんからは、

  • 破損事故の連絡をお客様にしてもらいたい(ケースによります)
  • 荷物が多い際には方面別に整理しておいてほしい など

と、通販事業者側へ期待する側面もあります。

どちらもお互いに既定の運用以外にも「ああしてほしい」「こうしてほしい」という要望があります。

その際に、やはり現場で動くのは人間同士ですので、普段からの関係性を良好に保ち、困った際に助け合える関係性を築くことが重要で、お互いにただの通販事業者・運送会社として仕事を割り切るのではなく、同じお客様に対してサービスを提供するパートナーとして、サポートしあうことが円滑な出荷業務につながると感じました。

 

千趣会ではフルフィルメントの受託はもちろん、通販事業者とアウトソーサーの両方の知見から、運用を強化するノウハウがあります!

ぜひお気軽にお問合せや相談会をご利用ください!

千趣会BtoB WEBサイト:

通販・フルフィルメントのトータルサポート|千趣会 通販ソリューション

お問合せ:

(株)千趣会 法人向けサービス(フルフィルメントサービス)に関するお問合せ

相談会のお申込み:

通販・販促毎日相談会|千趣会 通販ソリューション

ギフト梱包のこだわりポイントは!?(後編)

こんにちは!千趣会法人事業部の矢田です。

 

前回のブログでは、通販でギフトを送る側(注文主)が、どのようなことにこだわっているのかをご紹介させていただきました。

ギフト包装では、包装紙の種類(紙質・デザイン)にこだわることが1番のキーであり、様々なサイトを比較して、購入する際の決定要因の1つとして挙げられる可能性があります。

 

詳しくはこちらからご覧いただけます!

senshukai-btob.hatenablog.com

 

 

では、ギフトを受け取る側(送り先)は、受け取った際にどのような事が気になるのかについて、受け取った際の印象と印象が悪かった理由についてのアンケート結果をご紹介させていただきます。

 

続きを読む

ギフト梱包のこだわりポイントは!?

こんにちは!千趣会法人事業部の矢田です。

 

先日友人と話していた際、「両親に通販でギフトを贈った際、『包装紙が破れていた』と両親から連絡があり、とても残念だった」という話を聞きました。

ギフトや贈り物を通販で購入して利用する機会が増えている中、直接商品の包装状態が見れないので、どのように届くのか気になりますよね。

(私も両親が遠方に住んでいるため、誕生日や母の日ギフトなどで通販を利用しています。)

 

送る側がどのような事を気にしているのか、ベルメゾンのお客様にアンケ

ートをした結果がありますので、ご紹介させていただきます!

 

 

<Q1:ギフト包装にどのくらいこだわりますか?>

 

f:id:senshukai-btob:20180925171840p:plain

 

78.4%の方が「こだわる」と回答

やはり贈り物の見栄えを左右する「包装」にこだわる方は多いようです。

 

 <Q2:ギフト包装のこだわりとして当てはまるものは?>

f:id:senshukai-btob:20180925172929p:plain

包み方も去ることながら、包装紙の種類はほぼ全員が「こだわる」と回答。

ただ包装紙を準備したらOKではなく、どんな包装紙があるのか、がギフトを活用する上では重要であることが分かります!

(特定の百貨店の包装紙が良い!と仰る方もいらっしゃるので、包装紙の種類が重要であることはかなり道理が通っているのかもしれません・・・!)

(2013年 ベルメゾン生活スタイル研究所調べ n=1,625人)

 

 

では、受け取る側はどんな事があった際に気になるのか?という疑問も出てきます。

この件については次回のブログでお伝えできればと思います!

 

私たち法人事業部で物流代行サービスを受託している事業者様のほとんどがギフト梱包を利用されています。

今回ご紹介したデータなどを参考に、事業者様や倉庫現場担当者と話をしながら運用を構築しております。

 

また、千趣会ではフルフィルメントの受託はもちろん、通販事業者とアウトソーサーの両方の知見から、運用を強化するノウハウがあります!

ぜひお気軽にお問合せや相談会をご利用ください!

 

千趣会BtoB WEBサイト:

通販・フルフィルメントのトータルサポート|千趣会 通販ソリューション

お問合せ:

(株)千趣会 法人向けサービス(フルフィルメントサービス)に関するお問合せ

相談会のお申込み:

通販・販促毎日相談会|千趣会 通販ソリューション