千趣会法人事業部公式ブログ しごと人DAYS

「通販」「女性」「ビジネス」といったキーワードを軸にし、最新ニュースやコラムを発信していきます。

「通販」「女性」「ビジネス」といったキーワードを軸にし、最新ニュースやコラムを発信していきます。

クールビズと省エネルック

法人事業部の浜田です。

千趣会でも5月よりクールビズを開始しました。

私の周りでも、このタイミングで

「それ新品ですね!?」という人が大勢います。

やはり夏にジャケットやネクタイは少々辛く、

できれば涼しい服装で仕事をしたいです。

そこでちょっとクールビズについて調べてみました!Wikipediaですが…。

 

開始は2005年で省エネ目的のようです。

また、以前から思っていましたが、ネーミングがいいですね!

「Cool(涼しい、かっこいい)+BIZ(仕事)」で、

非常にしっくりきますし、取り組みに対して自然に前向きになれるような言葉です。

(千趣会法人事業部のサービスも何かいい名前を付けたいですね。)

 

そしてこのクールビズ、1,000億円以上の経済効果があると試算されていました。

 

実はクールビズが提唱される2005年のさらに26年前、

1979年に「省エネルック」なるものが提唱されていたようです。

こちらは半袖のジャケットなど、今見るとなかなか独特な服装です。

(気になる方は「省エネルック」で画像検索してみてください!)

こちらはほとんど普及しなかったようです。

一見すると、「省エネ化」という課題と

「涼しい服装がしたい」という欲求を満たしていて、

それだけ見ると普及してもおかしくないのかな、という気はします。

 

ですが実際にはネーミング(ブランディング)であったり、

よりよいデザインであったり、普及させる為に必要な取り組みが欠けていたようです。

これはいろいろな場面でのマーケティング活動にも共通しそうです。

課題と解決手段だけで考えを止めず、

内容にもこだわっていこうと改めて思いました!

通販ソリューション展【春】、ありがとうございました!

法人事業部の浜田です。

 

先日通販ソリューション展【春】に出展しました!

期中は荒天であったり、電車が止まっていたり・・・

厳しい条件の中ではありましたが、ブースにお立ち寄りいただいた皆様に、

精一杯ご案内をさせていただきました。

 

f:id:senshukai-btob:20160518170004j:plain

f:id:senshukai-btob:20160518170005j:plain

f:id:senshukai-btob:20160518170006j:plain

 

今回は皆様に「スープなしあわせ」をお配りしました!

いかがでしたでしょうか・・・?

 

ちなみに次回はプロモーション中心の展示会で7月を予定しています。

また詳細決まりましたらお伝えします。

http://www.senshukai.co.jp/btob/

 

通販ソリューション展【春】に出展します

法人事業部の浜田です。

早速ですが、そして今更ではありますが・・・

5/11-13に通販ソリューション展【春】に出展します!

http://www.senshukai.co.jp/btob/event/exhibition_160511.html

千趣会の法人サービスをより多くの方に知っていただきたく、

一生懸命企画を考えましたので、ぜひご来場いただいた際はお立ち寄りください!

・・・

実は千趣会で展示会出展は近年かなり少なく、正直手探りなところが多いです。。。

が、とにかく一生懸命ご案内させていただきます!

 

ちなみに今回は初の取り組みとして、ノベルティプレゼントを行います!

「スープなしあわせ」という、マンスリークラブで販売している商品です。

スープなしあわせ 頒布会通販のマンスリークラブネット

家に持ち帰って飲むも良し、お弁当のお供として楽しむも良し、

誰かのご機嫌取りにプレゼントするも良し、いろいろ使えます!

(気に入って買っていただけるとさらに嬉しいのですが・・・)

 

ぜひお気軽にお立ち寄りください!

再配達

初めまして!千趣会法人事業部の吉田です。
私は、主にフルフィルメントの領域を担当とし、
弊社の通販ノウハウやアセットをサービスとして提供をする仕事人でございます。

詳しくはこちら
http://www.senshukai.co.jp/btob/professional/person02.html


今回ご紹介させていただきたいのは、『再配達』に関してです。

通販の広がりに伴い、宅配を活用されることが本当に多く、当たり前の時代になっていますよね~。

さて、再配達・・・、一度は皆様もご経験があるかと思います。
実はこの再配達を行うことで、現在の日本が悲鳴をあげているという現状があるのをご存知でしょうか?

それは、『環境汚染』と『配達ドライバー不足』です。

参考:宅配の再配達の削減に向けた受取方法の多様化の促進等に関する検討会報告書
URL:http://www.mlit.go.jp/common/001106397.pdf


環境汚染については、CO2排出量42万トン。。。

これは、算出当時の営業用トラックが排出するCO2が年間約4,000万トンですので、
約1%に相当し、JR山手線の内側の約2.5倍の面積の杉林が吸収する量。

一方、配達ドライバー不足については、再配達による労働生産性による影響として、
再配達に年間約1.8億時間が費やされている。。。
1.8億時間を年間労働日250日を前提とすると、なんと年間9万人に相当する労働力が
費やされているいう検証結果がでておりました。。。

こちらどう思いますでしょうか!?
単純にすごい数値なのもそうですが、昨今EC事業が伸びている中で、利便性は高くなるものの、それに耐えうる体制がなく、サービスとインフラのバランスが崩れている部分と私は認識しました。

上記のような視点で、例えばコンビニ受取や、駅などに設置されたロッカーでの受け取りなどの普及を考えると、利便性向上だけでなく、宅配が抱える問題を解決する方法としても有効とのこと。

このあと一体どのように進むのか、運送業界の今後に注目したいですね!

いい湯だな

初めまして 千趣会法人事業部の稲田です。

私の仕事を簡単に紹介すると

販促商材をオリジナルで作ったり、

ベルメゾンで売れ筋の商品を販促商品として提案したりなど

物販を中心に活動していますが、

物販周りの販促事務局の開設や、冊子制作などもやっています。

販促キャンペーンや、ポイント交換、株主優待、卸販売など、

さまざまシチュエーションで多くの企業様をサポートしています。

こちらでより詳しく紹介されていますのでよければご覧ください。

http://www.senshukai.co.jp/btob/professional/person01.html

 

早速ですがモノとよく絡む私が見た面白いアイテムをご紹介です。

f:id:senshukai-btob:20160414155918j:plain

ちゃぽん、、、

「はぁ~ いや~、イイ湯だな~!」

って声が聞こえてきそうですが、

わが社の会議室で堂々とお風呂に入っているヤツ。

何者だと思います??

 

 f:id:senshukai-btob:20160414155557j:plain

実はこれ紅茶セットなんです。

キャラクターは好きなモノで作れます。

紅茶もフレーバーを変更できます。

 

キャラクターは何にしようかな!?

アニメのキャラクター、ゆるキャラ、企業キャラクター、タレント、プロ野球選手??

(リアルな人物よりは架空のキャラの方が良いかもしれません。)

 

お母さんありがとう!お父さんありがとう!とメッセージ付で

キャラクターの部分をお花とメッセージにするのもありですね。

いろいろアイデアが出そうです。

 

販促キャンペーンでのお客様プレゼントや、

賞味期限も長いのでイベントでの物販の一つとしても使えます。

 

このアイテム面白いと思われた方、是非ご連絡下さい。

面白いモノ一緒に作りましょう!!

 

今後面白そうなアイテム、私の経験などご案内できればと思っております。

一緒にいろいろ盛り上がるモノが作りたいですね。

逆にこんなアイテムがあるよ!!

売り込みも大歓迎です。

どうぞ今後とも宜しくお願いします。

全自動

はじめまして
法人事業部広告チームの福岡です。
 
私はどんな人?
と、いう方はこちらへ
 
 
今日は最近気になったNEWSから。
 
新しい技術を使った製品開発を得意とするセブンドリーマーズは10月7日、パナソニックと大和ハウス工業と共同で、全自動洗濯物たたみ機「ランドロイド」の開発を始めたと発表した。「人々は折り畳みにかかる手間から解放される」としており、2016年度中の先行予約販売を目指す。
 
この日、幕張メッセ(千葉市)で開幕した国内最大の家電・情報技術の見本市「シーテックジャパン(CEATEC)」で、ランドロイドの試作品が披露された。冷蔵庫程度の大きさの機械に乾いた衣類を投入すると、センサーが衣類を画像で解析。シャツやスカート、タオルなど、衣類の種類を識別し、それぞれ適した状態に折りたたむ。
 
試作機は、1枚あたり5〜10分程度でたたむことができる。製品は1回で約4.5キロ分の衣類を投入できるようになる予定で、40枚であれば3〜6時間でたためるようになる。対応する衣服のサイズは、子供服から大人の3Lサイズまで。たたんだあとは、種類や持ち主ごとに、本体内の箱に収納する。
 
2017年に出荷される製品は、「高級家電として認識される価格帯」での販売が予定されている。
 
公式サイトによると、一般的な家庭では、家族の洗濯物を1人でたたむ場合、人生のうちの約9000時間、375日間を費やす計算になるという。同社はこの時間を開放することで、「自由に楽しむことができるようになる」としている。

 引用元:http://www.huffingtonpost.jp/2015/10/08/laundroid_n_8261946.html

 

ついに洗濯物までたたんでくれるようになるみたいです。
私の家は4人家族、毎日洗濯機が稼働しており、山のような洗濯物をたたむのは私の仕事。
これは凄くありがたい!
世紀の大発明だ!
 
それにしてもすごい時代になりましたね。
掃除はロボットがしてくれて、
洗濯、たたみは全自動
お買い物は通販で注文すれば家まで届けてくれて
そのうち育児もロボットがするようになるかもしれない。
 
家事にかける時間がほぼ0になるということです。
 
その分自分の時間に費やせる。
家族と家事以外で過ごす時間が増える。
家事にかける体力の消耗を防げる。
 
いいことずくめのような気がします。
 
でもちょっと今の暮らし、昔の暮らしを思い返してみると、
親の家事を手伝ったりすることで家族の会話が出来たり、
親に家事を教えてもらうことで親のことを尊敬出来たり、
子供と家事に手がかかって大変だったから余計に子供が可愛かったり、
家族の絆や愛情は、大変な毎日を助け合うことで生まれているような気がします。
 
全自動にすることで愛情が無くなっていく。。。
じゃーその次の大発明は愛情を自動的に受け取れる機械、
になるのでしょうか・・・?

桜と通販

こんにちは。千趣会 法人事業部です。

 この季節、よくある話題ではありますが、会社の近所の目黒川でも桜が咲き始めていました。

いろいろな楽しみ方はありますが、桜の通販ってできるのかな、と調べてみたところ、普通に盆栽などで売ってるんですね。

さらに調べてみたところ、どうやら育てるのは結構難しいようです。

驚いたのが、桜は空気がキレイでないといけないそうです。よく道路沿いで見かけるのでビックリでした。他にもいろいろ細かい手入れが必要なようで、少しハードルが高そうですね。

ただ、普段土いじりにはまったく関心がないのですが、緑が部屋にあることを想像したら、結構いいよな、と興味が出てきました。少しずつ情報収集を続けてみようと思います。

 

千趣会グループにも花の通販をやっている「イイハナ」があり、ここでは個人向けだけでなく法人向けも展開しています。もし「花」「通販」でご興味があれば、ぜひ一度お問合せください!