千趣会法人事業部公式ブログ しごと人DAYS

「通販」「女性」「ビジネス」といったキーワードを軸にし、最新ニュースやコラムを発信していきます。

「通販」「女性」「ビジネス」といったキーワードを軸にし、最新ニュースやコラムを発信していきます。

全自動

はじめまして
法人事業部広告チームの福岡です。
 
私はどんな人?
と、いう方はこちらへ
 
 
今日は最近気になったNEWSから。
 
新しい技術を使った製品開発を得意とするセブンドリーマーズは10月7日、パナソニックと大和ハウス工業と共同で、全自動洗濯物たたみ機「ランドロイド」の開発を始めたと発表した。「人々は折り畳みにかかる手間から解放される」としており、2016年度中の先行予約販売を目指す。
 
この日、幕張メッセ(千葉市)で開幕した国内最大の家電・情報技術の見本市「シーテックジャパン(CEATEC)」で、ランドロイドの試作品が披露された。冷蔵庫程度の大きさの機械に乾いた衣類を投入すると、センサーが衣類を画像で解析。シャツやスカート、タオルなど、衣類の種類を識別し、それぞれ適した状態に折りたたむ。
 
試作機は、1枚あたり5〜10分程度でたたむことができる。製品は1回で約4.5キロ分の衣類を投入できるようになる予定で、40枚であれば3〜6時間でたためるようになる。対応する衣服のサイズは、子供服から大人の3Lサイズまで。たたんだあとは、種類や持ち主ごとに、本体内の箱に収納する。
 
2017年に出荷される製品は、「高級家電として認識される価格帯」での販売が予定されている。
 
公式サイトによると、一般的な家庭では、家族の洗濯物を1人でたたむ場合、人生のうちの約9000時間、375日間を費やす計算になるという。同社はこの時間を開放することで、「自由に楽しむことができるようになる」としている。

 引用元:http://www.huffingtonpost.jp/2015/10/08/laundroid_n_8261946.html

 

ついに洗濯物までたたんでくれるようになるみたいです。
私の家は4人家族、毎日洗濯機が稼働しており、山のような洗濯物をたたむのは私の仕事。
これは凄くありがたい!
世紀の大発明だ!
 
それにしてもすごい時代になりましたね。
掃除はロボットがしてくれて、
洗濯、たたみは全自動
お買い物は通販で注文すれば家まで届けてくれて
そのうち育児もロボットがするようになるかもしれない。
 
家事にかける時間がほぼ0になるということです。
 
その分自分の時間に費やせる。
家族と家事以外で過ごす時間が増える。
家事にかける体力の消耗を防げる。
 
いいことずくめのような気がします。
 
でもちょっと今の暮らし、昔の暮らしを思い返してみると、
親の家事を手伝ったりすることで家族の会話が出来たり、
親に家事を教えてもらうことで親のことを尊敬出来たり、
子供と家事に手がかかって大変だったから余計に子供が可愛かったり、
家族の絆や愛情は、大変な毎日を助け合うことで生まれているような気がします。
 
全自動にすることで愛情が無くなっていく。。。
じゃーその次の大発明は愛情を自動的に受け取れる機械、
になるのでしょうか・・・?