千趣会法人事業部公式ブログ しごと人DAYS

「通販」「女性」「ビジネス」といったキーワードを軸にし、最新ニュースやコラムを発信していきます。

え・・・コロナ陽性?・・・そのとき、あなたは準備できていますか?

どもども  (^^♪
千趣会 法人事業部の北野です。
ノベルティ、物流・コールセンター受託、株主優待品の調達、防災備蓄品のご提案など、幅広く活動しております。

さてさて、このブログでもさんざん話題にしてきました新型コロナウイルスに関連した話題です。
読者の皆様の中でも、すでにご本人、ご家族が感染された方が、たくさんいらっしゃると思います。私も先日、家族が感染してしまいました。
当然同居している家族は「濃厚接触者」となってしまう可能性が非常に高いのですが、
われら家族も、やはり全員「濃厚接触者」となってしまいました。
「濃厚接触者」となると感染者同様、生活に大きな制限を受けてしまい、「元気なのにお買い物に行けない!」という状況に陥ってしまうこともよくあります。

もしものときのために・・・

その時、食料品やマスク、消毒液など、家に備蓄できていますか?
と心配になったりしますが・・・
第7波を迎えた現在では、全国の市町村自治体は、「感染者」には手厚い対応をしてくれ、
数日間外出できなくても必要な支援物資を用意してくれる場合が多いです。ありがたいですね!

それでは「濃厚接触者」に対してはどうでしょうか?
実は「濃厚接触者」の分までは、なかなか手が回っていないのが実情なんです!
でも買い物に行けない!という事情は「感染者」と全く同じなんです。。。不安になりますよね。

最近ではそのような不安を和らげるため、「濃厚接触者向け生活支援物資」を準備する企業もたくさん見られるようになりました。

そんな企業様向けに、千趣会「コロナ感染在宅サポートセット」をご用意しております。


セット内容は
レトルトのカレー、牛丼、親子丼、フリーズドライのお味噌汁に美味しいごはん、野菜ジュースといった食料品とマスク、消毒液、箱ティッシュやトイレットロールなど、
当面の生活に困らない生活応援物資がしっかり入っています。

もしものときの自宅療養などに備え、従業員の皆様向けにいかがでしょうか?

残念ながらコロナの脅威は当面消えそうにありませんが、準備は今からでも遅くはありません。お気軽にお問合せください。

www.senshukai.co.jp

お陰様で「コロナ感染在宅サポートセット」は現在多数の企業様よりご用命をいただいており、ご注文いただく時期により、ご手配にお時間を頂く場合がございますのでその点をご容赦くださいますようお願い致します。

 

大切な社員とお客様をコロナ禍から守りたいすべての企業様へ

その他、検査キットや感染対策グッズなどは、法人様向け『senshukai Novelty Mart』にて販売しています。

こちらも是非ご覧ください。

senshukai-noveltymart.jp

 

暑さはこれからが本格的です。

感染対策とともに熱中症対策も忘れずに安全に元気な夏にしていきましょう。

 

株式会社千趣会 法人事業部
東京:03-5811-1163
大阪:06-6881-3164

お盆だ!左一つ巴紋!

こんにちは。千趣会(大阪)の高木です。

もうすぐお盆ですね。
わたくし、『趣味はお墓参り!』 と、公言していた時期があります。
自分の中で【家紋ブーム】が巻き起こり、
会う人会う人に、『お宅の家紋は何ですか?』と聞いてしまう無粋なことをしておりました。

よそ様のお墓を覗いては、そこに彫られている家紋を見て(ほぉ~〇〇紋だ!)と興奮していたものです。
墓参りに行く人を見つけたら、お墓の写真を撮って私に見せるよう、半強制的な依頼をしていたものです。
(あぁなつかし~)

家紋=戦国武将って思う方も多いかもしれませんが、平安時代の貴族たちが最初に使い始めたといわれています。
所説ありますが、牛車の車紋が由来とか、着物の柄に使われていたとか・・。
そこから、武士が戦の旗幕から鎧やら兜やらに入れ・・江戸時代に入ると庶民も使うようになり種類はピークに!
明治時代には苗字と共に家紋は一般化されたそうです。

そんな家紋はご先祖様がどんなお仕事をしていたか辿れたりもするらしく、なんて面白いの!日本の文化!という感じで好きになりました。

日本てロゴが好きなんですね~。
ちなみに、家紋には著作権がありませんので、自分の好きなようにオリジナル紋も作れるそうですよ。

会社にもロゴってありますよね。
前の記事でもご紹介いたしましたが、ベルメゾンは今年新たなロゴマークにリニューアルいたしました!

senshukai-btob.hatenablog.com

 

保育施設向けの新たなサービス

そして、私は今、えがおすくすく便】という新たな業務に携わる機会をいただいております。
子どもの未来を想うこころが形になったロゴマーク

これ、とっても素敵だと思いませんか。

えがおすくすく便】は、コーベベビー様と協業し昨年立ち上げた保育施設向けの『持ちもの洗濯代行集配サービス』です。
保育園に通う毎日の『持ちもの』を提供させていただくことで、
お母さんの『準備』の時間と、保育士さんの『業務』を減らし、子どもとの大切な『今』の時間を、もっと向き合い、触れ合える時間にするために考えられたサービスです。
コロナ禍による衛生的な観点でも、本当におススメなサービスで、
すでに導入いただいた園の先生や保護者の方からは、喜びの声がたくさん寄せられています。

 

今年は、園にとってもっと分かりやすく、導入しやすい内容にリニューアルしますので、リニューアルに向けての運用構築に、アセアセワクワクしている私です。

新しいサービスの運用構築、現行の業務改善や運用変更にいたるご相談まで。

何から始めたら、どう運用すればよいか分からない・・・などがありましたら、ぜひお問合せください!
クライアントの思いを大切に、そしてご利用いただくお客様の思いを考え、全身全霊を込めて対応させていただきます!

そういえば、、、
コロナにより帰省する時期をずらすようになってから、数年お墓参りをしていないことに気づきました。

今年こそはと思った矢先に、このコロナ第7派(感染爆増)の到来です。
にっくきコロナ。私の数少ない興味を妨げるとは不届き也。

今年の夏は外出制限もでていませんので、田舎へ帰省される方は多いのではと思われます。
弊社では、コロナ在宅サポートセットの取り扱いも行っておりますので、
どうぞこの機会に、自社の従業員の安全安心の為にも、ご購入を検討されてはいかがでしょうか?

www.senshukai.co.jp

 

株式会社千趣会 法人事業部
東京:03-5811-1163
大阪:06-6881-3164

今注目の「FIRE」とは?

物販系受託業務担当の香川です。

早速ですが、皆様は「FIRE」ってワードをご存知ですか?
株主優待業務を行いながら自らも優待投資を行っている中で、心に響くワードとして気になって仕方がないのがこの「FIRE」です。

 

FIREとは

「FIRE」とは「Financial Independence Retire Early」の頭文字を取ったもので、経済的に自立した定年に先駆けての早期リタイアのことです。
要は労働収入を得ずに投資による利回りで生活費を賄い、原資を減らさないで一生涯生活をする事ですね。現在、若者を中心にムーブメントとなっています。

どんな人がFIREできる?

「FIRE」の意味合いはわかっても、実際にFIREするには時間と入金力が必要になります。では実際にFIREができる人ってどんな人でしょうか?

①一代で財を成しえた実業家(会社経営者)や有名人、著名人
②士業(弁護士、医師、税理士等)
③代々の資産家
④投資に成功した人

上記のような方々がFIRE出来る可能性があるのではないでしょうか? 但し、①~③は努力や運に左右されるため、中々難しいと思われます。
しかし、④であれば誰でも叶える事ができるかもしれません!

 

FIREに向けた株主優待投資

金融投資初心者の方に始め易い投資は投資信託になるかと思いますが、少額(数万円)でも始められる株主優待投資はお勧めですよ。
何がお勧めかと言いますと、下記の様な点です。

  • 配当金が毎年貰えます *配当金が出ない銘柄も有ります
  • 優待品を毎年貰えます
  • 売却時に購入時より株価が値上がりしていたら
    値上がり分儲かります *逆も有ります

我々日本人は投資に関して学校で習う機会が無く、他の先進国と比較しても金融リテラシーが低い事はいうまでもありません。少額でも株主優待投資を始めていくと金融リテラシーが上がるだけではなく、配当金や優待品が貰える楽しみも味わえてとってもお得感があります。


株主優待の魅力に関しましてはこちらの記事でもご紹介しています。

株主優待投資で培った経験を基に徐々に投資金額を拡大し、ぜひFIREを目指してください。

 

株主優待制度のサポートを致します

また株式上場企業にお勤めで且つ、株主優待を実施していない企業様は株主優待制度の導入を検討されては如何でしょうか? FIREを目的とした新規投資家の流入や、東証市場の上場維持基準における株主数増加が見込めるかもしれません。

千趣会では制度導入のサポートのほか、事務局やコールセンターの委託も請け負っておりますので、ぜひご相談ください。

 

株式会社千趣会 法人事業部
東京:03-5811-1163
大阪:06-6881-3164

ベルメゾンの「デザイン」について

こんにちは。千趣会法人事業部の高橋です。
今回はベルメゾンカタログの「デザイン」についてお話してみようと思います。

ベルメゾンブランドに関する定性調査を毎年実施していますが、一般的なお客様の印象として、ベルメゾン「上質」「デザインがよい」「わくわくする」などのイメージをもっていただいています。マクロミルパネル会員10,001人:2021年12月調査)
カタログのデザインもその一つの要素として考えられており、毎回カタログが届くのが楽しみ、見るだけでもワクワクするなどのコメントも多くいただいております。

ベルメゾンは47歳

創刊号で目指したのは「ファッション雑誌のようなカタログ」。つまり商品一点ずつを羅列するのではなく、組み合わせることによって、こんな素敵な生活が実現しますよ、と提案していくことでした。そしてその思想は現在のカタログ作りにもしっかり継承され、いわゆるベルメゾンらしさということばの裏側には、コーディネート提案が上手なカタログというイメージが根付いています。

商品の写真(画像)が決め手

前回のブログでも書きましたが、通販カタログの生命線である写真についても、当初から商品だけを撮影するというのではなく、商品がよりイメージできるシーンの中で撮影するという、「シーンメイキング」という手法がとられました。モノを売るのではなく、情報を売る。今では当たり前のように使うことばですが、もう半世紀前からベルメゾンの哲学として息づいていたのです。ロケーション撮影を中心に、商品のシズル感や使用価値をよりイメージしやすいように伝える技術が見ているだけでも楽しくて夢のあるカタログを実現しました。

写真とことばで商品を伝える

カタログなどの通信販売の場合、お客様は「写真とことば」だけを頼りに買うか買わないかを判断します。いわば通信販売とは「写真とことばで商品のよさや魅力をお客様に伝えていく販売方法」なのです。そんな「写真とことば」には、それぞれ強みと弱みがあります。商品のデザインや色、材質やディテールなど感覚的な情報や価値を伝えるのに写真の力は絶対的です。逆に機能やスペック(たとえば洋服の縫製の良さとか家庭でも洗濯できるなど)などは、ことばでなければ伝わりません。お客様の購買判断を左右する「写真とことば」の重要性をしっかりと認識し、それぞれの特徴をきちんと理解して制作しています。

ライブ感を大切に

リアルな店舗やテレビショッピングなどの動画に比べて、カタログという印刷物は静的で動きもありません。その分お客様に直接訴えるパワーはそれらに比べてかなり見劣りするメディアではないかと思います。この静的で動きがないという弱みをいかに克服して五感に訴えるカタログづくりができるかが、売れるカタログをつくる重要なポイントなのです。ニオイを感じるカタログ、肌触りや温度を感じるカタログ、登場しているモデルさんの話し声が聞こえてくるようなカタログ、おいしい味が伝わってくるようなカタログ。そんなライブ感のあるカタログづくりこそ、楽しくて新鮮なカタログを実現するための重要なポイントなのです。そのためには、(1)情報のライブ感(2)写真のライブ感(3)コピーのライブ感(4)レイアウトのライブ感を常に心がけたカタログづくりで長年様々なライブ効果を演出する創意工夫を生み出してきました。

以上はベルメゾンのカタログ作りに関するノウハウのほんの一部分になります。これらの考え方はもちろん法人事業部が作るツールにも当てはまります。カタログやチラシなどの制作にお困りの方は、お気軽に千趣会法人事業部までお問い合わせください。

株式会社千趣会 法人事業部
東京:03-5811-1163
大阪:06-6881-3164

「株主優待制度」のメリット

こんにちは
千趣会 法人事業部 事業企画チームです。

 

東証の市場再編と株主優待制度

2022年4月4日に東証が「プライム市場スタンダード市場グロース市場」の3つの市場区分になりました。
各市場区分のコンセプトを明確にし、多くの投資者にとっての利便性を高めるのが目的のようです。

安定株主を増加させるために「株主優待制度」を導入する企業が増加してきたのはここ最近の事ではありませんが、今後は新市場に適合させるために「上場維持基準における株主数」を増加させる目的で「株主優待制度」を導入する企業も出てきそうですね。
(ちなみに当社は「株主優待制度」として自社お買い物券を株主様に進呈しております)

株主優待制度」は、優待品そのもののコスト、事務処理にかかる人件費、発送費等をかけても、自社の製品やサービスを知ってもらい、長期的に株式を保有してもらう効果が期待でき、個人に投資家を広げたい企業や、上場を維持するために株主を増やしたい企業にとっては効果的な手法と言えるのかもしれません。

 

株主優待をサポート

千趣会 法人事業部では、現在株主優待制度」を導入している企業様や、今後の市場の変化に対応するために株主優待制度」の導入をご検討されている企業様向けに様々な株主優待業務」サービスメニューを取り揃えております。

例えば株主優待事務局」
上場企業の大切な活動である株主様ご優待の活動。必要な機能はすべて通販と同じです。
受付や配送業務はもちろん、商品のご提案も千趣会通販クオリティでご提供します。
失敗の許されない業務、千趣会で安心の運用を実現します。
安心・安全の千趣会クオリティを評価いただき、地方銀行様をはじめ、多数のお客様のご支援をさせていただいております。

株主優待事務局」サービス導入の流れ

【STEP01】株主様情報ご提供

【STEP02】商材の準備
  千趣会保有する仕入先・メーカーのルートを活用し、商材の選定をいたします。

【STEP03】カタログ制作
  千趣会の得意分野である「売れる」カタログ制作ノウハウを駆使してご提案・制作します。

【STEP04】ご案内の発送

【STEP05】お申し込み・お問合せ受付
  高品質な応対で、大事な株主様のご対応をいたします。

【STEP06】在庫管理・配送

【STEP07】実績ご報告
  株主様への出荷完了・配達完了・返品報告などの状況をデイリーでご報告いたします。

 

サービスに関しましては法人サイトでもご紹介しております。株主優待制度の導入をご検討の際には、ぜひご用命ください。

 

千趣会 法人事業部は、お客様からの様々なニーズに対応できる企業を目指して参りますのでご期待下さい!

株式会社千趣会 法人事業部
東京:03-5811-1163
大阪:06-6881-3164

補助金・助成金診断してみませんか?

こんにちは。千趣会法人事業部の坂本です。

先日のメルマガでもご紹介いたしましたが、
千趣会補助金助成金診断システムという新しいサービスを導入しました。

今年度の「補助金助成金」が続々登場しております!

予算がなくなり次第、締切となるものもありますので
是非、お早めにチェック頂くことをオススメします。

 

■貴社にも申請できる可能性があります!
個人事業主から、中小企業まで幅広く対象となります。
・上限額750万円~1億円まで可能性あります。
・新規事業経費、設備投資、広告費、人件費など幅広く補助対象。
・投資しなくても、一般的な取り組みで受給できる制度もあります。

ご興味のある方は、「診断システム」で是非診断してみてください。
補助金助成金がどれくらい申請できそうか確認できます)

 

補助金助成金診断システムで、お気軽に診断ください。
まずは診断システムにアクセスください。5分程度で診断できます!
 →https://shindan.jmatch.jp/writeup/?senshukai

さらに診断だけではなく、提携しておりますライトアップ社が、無料相談させていただき、詳しく確認することもできます!
診断後に、そのまま「相談依頼」まで進めてください。

これまでは案内できなかった制度が多数登場しましたので、まずはご確認いただきたいと思います!

 

※参考情報)補助金で購入された経費の例です。
 ECサイト、業務用冷蔵庫、広告費、システム開発、内装工事費・・・

こんなに身近なものでも活用できる場合もあり、私自身も驚きました!
よろしければ、以下のページから自動診断を気軽にアクセスいただき、より詳しく確認したい場合は「個別相談依頼(無料)」を送信してください。

 

▼改めまして、診断ページはこちらです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
千趣会補助金助成金診断システム

https://shindan.jmatch.jp/writeup/?senshukai

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※チェックしていただく項目は、可能性があれば多めに入れておいてください。

診断は無料となりますので是非お試しください。

 

千趣会では様々なお悩みを解決するための業務支援サービス、販促支援サービスをご提供しています。
これまで培ってきた通販ビジネスのノウハウを貴社の問題解決にお役立てください。

www.senshukai.co.jp

 

株式会社千趣会 法人事業部
大阪:06-6881-3164
東京:03-5811-1163

「senshukai Novelty Mart」オープンしました!!

こんにちは、千趣会法人事業部の中村です。
本日は先週メルマガにて案内させていただいた、弊社法人事業部の新たな取り組みをもっと詳しくご紹介させていただきたいと思います。

ノベルティサイト「senshukai Novelty Mart」をオープンしました!!

この度、千趣会法人事業部は法人様向けノベルティサイト「senshukai Novelty Mart(千趣会ノベルティマート)」を開設いたしました。

「senshukai Novelty Mart」は、千趣会の商品調達力を活かし、お客様に魅力的なノベルティ商品をご提案する「法人様向けのノベルティ専門ECサイトです。

https://senshukai-noveltymart.jp/

一般的なネットショッピングと同様の操作感で、簡単に見積もり&問い合わせが可能ですので、ぜひご活用ください!

実際に使ってみました

まずは加盟店登録を

ゲスト(未登録)でも商品情報を確認することは出来ますが、
加盟店登録をしていただきますと、会員価格を含め、商品の確認が可能です。

senshukai-noveltymart.jp

※今後加盟店様限定のキャンペーン等も随時行ってまいりますので、ぜひこの機会に登録をお願いします!

 

商品の見積方法

以下の方法で簡単に見積もりを行うことが可能です。

①見積もりたい商品の詳細ページから、数量を選択し、カゴに入れます

②「見積書作成へ」から次のページに進み、送付先、支払い情報を指定します

③記入した情報を確認、また問い合わせしたい事項がございましたら記入いただき、確定いたします(問い合わせ例:納期、送付先、類似商品の有無等)

以上で完了です!営業担当より詳細を連絡させていただきます。

商品の問い合わせ方法

商品に対して個別の問い合わせを行いたい場合は、以下の方法で問い合わせが可能です。

①購入したい商品の詳細ページから、「商品の問い合わせ」をクリックします

②必要事項、問い合わせ事項を記入して確認ページへ移動します

③内容を確認して送信します

以上で完了です!こちらも営業担当より連絡させていただきます。

いかがでしたでしょうか

気になった商品を気軽に問い合わせることが可能です。

また現在サイトに掲載している商品はほんの一部になります。
今後様々な商品を展開していく予定ですのでご期待ください!
掲載していない商品の提案も可能ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

senshukai-noveltymart.jp

 

千趣会では様々なお悩みを解決するための業務支援サービス、販促支援サービスをご提供しています。
これまで培ってきた通販ビジネスのノウハウを貴社の問題解決にお役立てください。

www.senshukai.co.jp

 

株式会社千趣会 法人事業部
大阪:06-6881-3164
東京:03-5811-1163