千趣会法人事業部公式ブログ しごと人DAYS

「通販」「女性」「ビジネス」といったキーワードを軸にし、最新ニュースやコラムを発信していきます。

「通販」「女性」「ビジネス」といったキーワードを軸にし、最新ニュースやコラムを発信していきます。

地元の行事について

こんにちは!
 
千趣会の井上です。
 
ようやく2020年ですね。
皆様いかがお過ごしでしょうか?
 
私は昨年、地元の祭礼の幹部だったので先週引継ぎと呑み会をし、ようやくスッキリしてきました。
 
地元の祭礼ですが幼少時はただただ楽しくて同級生や先輩後輩と夢中になっていました。
それが節目節目で役割が代わり、祭礼を盛り上げていく立場になり祭礼に携わる皆が楽しめるように
考え、ここ数年は安全な祭礼の運営に取り組んできました。
 
やっている事は違うのですが役割ごとのミッションと言う事では会社と同じだと思えた地元行事でした。
 
夢中で楽しんだ少年・青年期はがむしゃらに(私はしませんでしたが・笑)仕事を覚え、経験を増やす入社後すぐ。
祭礼を盛り上げる中堅役は後輩も出来、少し余裕も生まれて少し視野が広がった30代・40代。
祭礼の運営はチーム運営・部の運営に似ているかも。と感じています。
 
これらを通して感じた事、今後こうして行こうと思った事があります。
 
※最終的には責任者の意向に沿う事。
※自分の言葉で皆に話す事。
 
誰もが納得できる答え、方針は中々出ません。
議論はした上で最終的には責任者の言葉に従う事が組織運営で大事だと思いました。
また意に沿わない話をする事もありますが自分の言葉で伝える事が大切だと感じました。
 
良い教訓を得る事が出来たのですが、地元の祭礼に最近は参加する地域住民が非常に少ないのが悩みです
またこういった地元での活動は河川清掃・防災訓練等他にもたくさんあり少ない人数でこなしていました。
そして祭礼等を通じてを町の人間の大半が顔見知りなので知らない顔の人がいるとすぐに分かる盗難等の少ない良い地域になっていると思います。
 
 
色々と書いてきましたが今回、言いたかった事は防災・防犯にも繋がるので地元行事には積極的に参加してください。
というお願いでございました。笑
 
皆様の地元でもボランティア的に活動をしている方々がいらっしゃるはずなので冷めた目で見ず近づいてみてください。笑
 
次回以降もよろしくお願いいたします。